体質別特徴とバランスの取り方~ピッタ編~

ピッタ(pitta)とは

元素:火と水

ピッタは、「熱する」あるいは「燃やす」と言う意味のサンスクリット語
身体との関係:肝臓 脾臓 胃
優勢になるといい時間:午前10時~午後2時 午後10時~午前2時

発熱をはじめとする、すべての生化学的作用を司っています。
ピッタは変換や代謝に影響を与えます。
ピッタタイプの人は今の時間のなかで考えている。
風のドーシャであるヴァータとは対照的に、ピッタの人は気性が激しく、自信にあふれていて、知的で野心家です。
また、高い目標を達成することが多く、狙いを絞っていて、切迫した状況でも実力を発揮できます。
体格は中肉中背でそばかすがあり、食欲旺盛であることが多いでしょう

 

ピッタの特徴

ピッタは、代謝や変換に影響を及ぼします。
ピッタの人は、バランスが取れている時には、良好な免疫機能を備え、健康的で丈夫です。
しかし、バランスが崩れると、周囲の人たちが弱まるような状況でも突き進むので、リラックスすることを覚える必要があります。
時に激しい性格になり、それが嫉妬、競争心、過剰な野心に繋がる場合があります。
またパソコンを使ったりテレビを見ている時はピッタが増大します。

下記の様な特徴がある方はピッタ体質です。
☑中肉中背
☑体重は中位
☑暑いとき、たくさん汗をかく
☑顔は色白か、バラ色
☑髪は細く、柔らかい
☑歯の大きさは中位、黄色っぽい
☑スタミナと体力がある
☑下痢をしやすい
☑説得力ある、ハッキリとした話し方

過剰にピッタに偏った時のバランスの取り方

ピッタに偏ってバランスが乱れていると感じた時は
イライラする
過剰に野心
嫉妬や憎悪、競争心
などの症状が目立ってきます。
そんな時は
◆日光に当たり過ぎない
◆塩っ辛い、脂っこい、スパイシーなものを取り過ぎない
◆涼しい環境で過ごす
◆睡眠を十分にとる
◆身体を冷やす食べ物を摂る

ヨガでのバランスの取り方

ピッタが偏りバランスが乱れている時は、ヨガニードラをおススメします。
もしくはポーズを7割、瞑想を3割にしてバランスよく練習をするのもいいでしょう。
特に、前屈のポーズ、後屈のポーズ、うつ伏せのポーズ、シンプルなツイストのポーズが効果的です。
しっかり動くことよりも、上がっているピッタを下げるようなイメージで、静かにゆっくりと心がけるといいでしょう。
ヴァータを同じように、地に足をつけるよにグラウディングを意識してみてください。

 

 

体験レッスン

場所は高宮駅から徒歩5分ほど、閑静な住宅街にある古民家でレッスンを行っております。
​少人数でのレッスンになりますので、初めての方でも安心してご参加頂けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です