リストラティブヨガ

アメリカの理学療法士でありアイアンガーヨガの正式認定指導者のジュディス・ラサター(Judith Lasater)氏によって1990年代に考案されたヨガです。
リストラティブ=心身回復を目指し、身体を支えるプロップス(補助用具)をふんだんに使用して無理のない姿勢でゆっくりとポーズを取ることにより、深い休息感を得て、緊張の緩和、エネルギーの回復へと導くリラックス系のヨガスタイルです。

日頃からたくさんのストレスに晒されながら生きている現代人。
私たちの身体や心は、知らずうちにたくさんの刺激を受け緊張状態にあることがとても多いです。
副交感神経にうまく切り替わっていないと
眠っている時も身体が緊張しているままのことがあります。

朝、スッキリ目覚めていなかったり
疲れが取れていないなど感じたこと
ありませんか?
それは心身ともにリラックスして休めていない状態なのです。

日本は特に「我慢する」「頑張る」ことが
美徳とされることがよくあると思います。
それが必要な時もありますが、私たちは
いつも一生懸命に頑張ったり
いつも我慢をしたり
いつも強くいることはできないのです。
そうしていると、いつか身体と心が悲鳴を上げ始めます。

【リストラティブヨガの特徴】

身体と心と精神を本来のバランスの取れた状態に戻し、セラピー要素がとても高いヨガです。
ボルスター、ブランケット、サンドバッグ、ストラップ、アイピロウなどのプロップで体をサポートし、横たわったときに身体を完全にゆるめられるプロップスの組み合わせを作り、身体を支えます。
このことで安定した状態でポーズをより長く保つことが可能になり、ゆったりとした質の高いリラックス状態を確保することができる。

ヨガクラスでは主に横になった仰向けのアーサナを、1ポーズにつき通常約20分ほどのホールドしながら4〜6ポーズ行う。
常に心地よさが最優先され、
「積極的なリラクゼーション」とも呼ばれる。
身体に深い休息を与え、筋肉を伸ばし、心拍数と血圧を低下させ、神経系を鎮めることは、血圧や心拍数、血糖値などが下げ、副交感神経を優位にし、心身を安らかで完全なリラックス状態へと導いてくれる。
なお、完全なリラックス状態でも、意識はおだやかに働いているため、自分自身の内側にフォーカスしていくことができる。
激しい動きを必要としないため、ケガのリスクがないのもポイントである。
その安全性により、高齢者や更年期障害の方々に対してや、セラピーとして、そして最近ではマタニティヨガとしても活用されています。

【こんな方におススメ!】

☑ヨガが初めて
☑身体が硬くて不安
☑リラックスしたい
☑運動が苦手
☑シニアの方
☑朝、目が覚めても疲れが取れない
☑ストレスフルな毎日を過ごしている方


リストラティブヨガを受けた方の感想

リラックスする、身体の力を抜くのがとても苦手です。だけど、リストラティブヨガは、いろんな道具を使って身体を支えるのでどんな、ヨガよりも、夜眠るときよりも、身体の力が抜けてとってもリラックスできました。
シャバーサナで眠ることないのに、リストラティブヨガではいつの間にか眠ってしまいました。
それほどに力が抜けたんだなぁと嬉しかったです。動くヨガとリストラティブヨガとバランスよく受けたいです。

体験レッスン

場所は高宮駅から徒歩5分ほど、閑静な住宅街にある古民家でレッスンを行っております。
​少人数でのレッスンになりますので、初めての方でも安心してご参加頂けます。